憧れの国、日本。

毎年海外から日本に向け技能実習生として旅立つ多くの若者。
とりわけ今注目されている人材がミャンマー人技能実習生です。
ミャンマーはとても敬虔な仏教徒の国で、親日国であることが知られています。
2011年の民政移管以降急速な民主化を遂げ、昨今はその経済発展が目覚しいミャンマー。
多くの規制撤廃と共に世界中から投資が殺到していて、アジア最後のフロンティアとも呼ばれています。
しかし国民の大多数が賃金が日本の1/20にも満たない貧困層で、先進諸国のサポート無くしては成り立たない状況です。
ミャンマーは日本と同じく仏教を国教としていますので、古くから寺子屋やコミュニティースクールのようなシステムが敷かれているために識字率が高く、成人で96%に到達するほどです。
真面目な人間が多く犯罪発生率も非常に低いので、深夜に街に繰り出しても犯罪に出会うことのない治安の良さも訪れる人々に感銘を与えています。
そんな真面目であり敬虔な仏教徒であるミャンマーの若者は一様に日本という国に憧れ、そしてそこで働くことを夢としています。
弊社ではそんな彼らに適切な指導と緻密な教育を行い、多種多様な日本の会社に適応できる優秀な人材を送り出しており、彼らミャンマー人技能実習生は日本の産業の中でも日々その存在価値が好意的にクローズアップされてきています。

ミャンマー人技能実習生を雇用する利点

ミャンマー人技能実習生は、スムーズに仕事を進めるために必要不可欠な細かい心配り、粘り強い精神力、時間や納期をしっかりと守る、などの日本人の持つビジネスマナーとルールをしっかりと習得しており、なぜMADE IN JAPANが世界から賞賛を浴びているのかを肌で感じ、常に仕事と人に対し敬意を払って接します。
勤勉な外国人である彼らを雇用することによって、受け入れ側企業には生産性向上への貢献はもちろん、経営の国際化や海外企業とのリレーション強化にもつながっていきます。
何よりも社内に勤勉な外国人が入ってくるということは、社内の人的資源の活性化にも帰依します。

ミャンマー人技能実習生送出機関グループ Gold Group 各企業紹介

Gold Groupでは在日連絡事務所を設け、万全な技能実習生の支援に務めています。
〒101-0027 東京都千代田区神田平河町1丁目第3東ビル、45(担当:滝本泉)

最新投稿